CTEG<sup>®</sup>技術の工業化実績
主要プロジェクト
ライセンス事業のグローバル展開。
ホーム  >  主要プロジェクト  >  CTEG ®技術の工業化実績

新疆天業社一期目のプラント


新疆天業社1期目のプロジェクトは、2013年1月6日にスタートアップし、2017年現在までに4年以上稼動を続けており、生産は“安全、安定、長期、高負荷,高品質”を維持しています。中国の合成ガスからエチレングリコールを製造するプラントの中で、一番注目されているプラントです。
当プラントは110%稼働率で稼動しており、連続且つ高負荷な生産が可能です。産出品の優等品率も高く、全てはポリエステルグレードの業界要求に達しています。また、セット触媒の寿命が長く、選択率も高いです。



運転年 2013年 2014年 2015年 2016年
計画生産量(万トン) 3.5 4.5 5 5
実際生産量(万トン) 4.4 4.8 5.2 5.5
優等品率(%) 93 95 95 95
稼働率(%) 92 96 104 110


触媒種類 選択率 実際工業化の使用年限
シュウ酸ジメチル(DMO)製造用触媒 99 3年10ケ月(現在使用中)
エチレングリコール(EG)製造用触媒 98~98.5 2年
紫外透過率 中国標準 MEG
220nm ≥75% 90-94%
275nm ≥92% 95-98%
350nm ≥99% ≥100%



新疆天業社2期目のプラント


   

新疆天業社20万トン/年-エチレングリコールのプラントにおいて、単系列はカルボニル化反応器4基と水素化反応器2基を含めます。
2015 年3 月8 日にスタートアップに成功し、ポリエステルグレードのエチレングリコールを産出しました。
この二期目のプラントは新疆石河子北工業区にあり、20万トン/年-エチレングリコールと17万トンBDOプロジェクトを含め、主に新疆天業化工園区のカーバイト炉オフガスを原材料として利用しています。
単年度の計画生産量は16万トンですが、実際の生産量は17.6万トンに達しています。


陽煤寿陽社1期目のプラント


陽煤寿陽社の20万トン/年-エチレングリコールのプラントは7.5万トンのDMO反応器6基、5万トンの水素化反応器4基を含んでいます。
陽煤寿陽は2016年10月23日に試運転を開始し、2016年11月16日に優等品エチレングリコールを産出しました。当プラントの正常運転は、合成ガスからエチレングリコールを製造する全工程が正常に稼働していることを意味しています。
このプロジェクトは石炭を原料とし、石炭の貯蔵および輸送、石炭スラリーガス化、浄化、CO / H2深冷分離、DMO合成精製及びエチレングリコール合成精製等の工程を経て優等品エチレングリコールを産出し、純度は99.96%に達しました。